実際に経験した労働基準法違反!

実際に経験した労働基準法違反!

労働基準法が守られない現場・・・初めての体験でした・・・初めて務めた福祉施設がしっかりしていただけに他の職場も、同じように考えてました・・・

 

結婚後、しばらくして福祉の職場に復帰した時の話です・・

 

その職場は夫の実家から近く、同居している事もありハローワークでの求人から検索で見つけたNPOのデイサービスでした

 

求人内容としては生活相談員で実務3年以上の経験者を、産休に入るスタッフの代わりに増員という事でしたが・・・

 

とりあえず面接のみで採用の連絡が電話であり、就業する事になりました。時期としては丁度、冬を迎えるところでした

 

その職場で待っていたのは・・・派閥による新人イジメと労働基準法違反でした・・・

 

労働基準法違反の内訳

  1. 休憩時間なし・・・(労働基準法34条違反)
  2. 有給休暇は経営者の気分次第・・・(労働基準法39条違反)

 

まず最初に驚いたのは・・・制服の支給がなかった事でした・・・

 

1番最初に勤務していた介護老人保健施設(老健)がしっかりした体制だったのと違い次に就職したのが民間のNPOで比べると仕方ないと思いますが・・・当時はカルチャーショックでした!

 

制服の支給が無いという繋がりでいくと・・・防寒着の支給も用意も無いわけで・・・雨が降ろうが雪が降ろうが自前で用意が必要です。

 

そして更に入浴介助に必要な着替えも自分で用意する必要があり、民間の福祉施設を初体験する私には驚きの連続でした・・・

 

そして最後に驚いたのは・・・昼食は利用者と一緒に撮り、配膳に下膳、服薬の介助がありながら職員の休憩時間は無しというものでした・・・

 

経営者との対話

さすがに休憩時間が無いのはおかしいので、経営者に労働基準法違反である事を伝えたのですが・・・

帰ってきた言葉は・・・この職場のルールは俺が決める。 不服なら辞めてもらって結構!外部機関だろうが、どこに相談しても問題ない! でした・・・

 

経営陣と言っても一人だけでしたが・・・気分次第で送迎にすら出ずカラオケの時だけ参加し歌い、自由に休みを取り海外に遊び放題・・・有給休暇も認められず・・・おかしな職場だな~というのが常に頭にありました・・・

 

この経営者は変わっていて…海外に遊びに行った際、現地の女性と親密になり関係を持ったようで勤務時間の早朝に訴訟状を持って弁護士が訪ねてきたり・・・

 

駐車場で他のスタッフと話をしていても突然、激怒する変わった方でした・・・

相談先

平日の休みを利用して外部機関に相談する事にしました。

まず1つ目は弁護士による無料相談でした。

30分という無料相談の時間の中で得られた事は、有給休暇の取得と休憩時間については労働基準法違反に間違いなく、訴えるかどうかでした・・・

 

最終的には外部機関として労働局に相談し、労働基準法違反で労働基準監督署に訴え、電話による事実確認と解決法の提示という事で労働基準監督官からは電話連絡が経営者当てにありました・・・

 

この時ばかりは、あれだけ強気だった経営者が平謝りし、和解により労働基準法違反の取り下げを、お願いしてきたのを覚えています・・・

 

問題は解決したのか?

残念ながら有給休暇の取得は認められず最終的に経営陣とは合わず退職しましたが・・・腑に落ちない結果で終わり、最初の汚点です・・・

あなたは働く職場は働きやすい職場ですか?
あなたは今の職場に満足してますか?やってみよう職場環境チェック!結果は、いかがでしたか?

 

事業所の その後・・・

退職後、5年以上経ってからですが・・・度重なる人員基準の不足による違反と介護報酬の虚偽取得により指定取消されていました!

人員基準については他のサイトでわかりさすい所がありましたのでリンクを貼っておきます

通所介護(デイサービス)の人員基準において気をつけるべき看護師配置とは - 介護支援ブログ
健全な経営・財務状況を実現したいと考えている介護事業者、介護事業への参入を検討されている皆様はぜひこの記事をご覧ください。 平成27年度の通所介護の人員基準にかかる看護師職員配置 平成27年度以前の配置基準 当時の現状 平成27年度以後の配置基準 変更点 変更理由 看護師が休んだ場合の人員基準の取扱い 看護師不在のまま...

不適切な職場についての続編は下に貼っておきます

実際に経験した労働基準法違反!2
新たな職場での労働基準法違反について記事にしてます・・・
実際に経験した入社条件と違う職場
実際に体験した入社条件と違う職場について書いてます
実際に体験した最悪な職場・・・
実際に体験した最悪な職場について記事にしてます。処遇改善加算は貰えてますか?

 

コメント