退職を検討している方は生活できる貯蓄を確保しておこう!

退職を検討している方は生活できる貯蓄を確保しておこう!

退職届の画像

ここまでで、夢を壊すような内容で実際の介護職の現実を書いてきました・・・

 

現在、勤務中で私のブログを訪れている方もいるかもしれませんが・・・退職は半年ぐらいの貯蓄がある場合で動く事をオススメします!

理由その1

お金と電卓の画像

劣悪な環境でブラック企業でもハローワークで認められなければ、自己都合扱いの場合は失業保険の支給まで時間がかかる事があげられます!

 

項目としては離職票における離職理由の欄ですが・・・会社側が会社都合では無く、自己都合と記載している場合は立証できる証拠がなければ覆すのは難しいです。

 実際に異議申立書を作成し提出しても、雇用保険上の問題がなければ管轄が違うため、管轄に相談してくださいで終わります・・・実際に私が、そうでした・・・

 

残念ながらハローワークでは雇用保険に関するものしか見てくれません・・・

 

例として私の最後の職場に置き換えると・・・

  1. 介護保険に関する問題は・・・管轄の福祉課
  2. 労働安全衛生法に関する問題は・・・管轄の労働基準監督署または労働局
  3. 立替払いのPC一式の未払分については・・・労使ネットまたは弁護士
介護職員に加算金未払い、専門家「氷山の一角」 鳥取:朝日新聞デジタル
 介護職員の待遇を良くするための介護報酬の加算金を国から取得していながら、鳥取市の有料老人ホームが、従業員に支払っていなかったことが分かった。介護現場に詳しい専門家は氷山の一角だと指摘するが、現場の負…

この離職理由に対し異議申立ては可能ですが・・・ハローワークは雇用保険に関する違反でない限りは概ね自己都合と処理されてしまう傾向にあります。

介護保険に関する問題は・・・管轄の福祉課へ

残念ながら介護保険は別分野になるのでアッサリとハローワークでは異議申立てに該当しないとの事・・・

労働安全衛生法に関する問題は・・・管轄の労働基準監督署または労働局へ

上に続き、労働安全衛生法に関する事は労働基準監督署になるらしく、こちらも該当機関への相談をすすめられ異議申立てに該当しないとの事・・・

立替払いのPC一式の未払分については・・・労使ネットまたは弁護士へ

アスクルでの支払いもよく止まっていた職場でしたので、結構なものを立て替え払いで仕入れておいて後で、お金をもらう体制の職場でしたが・・・

こちらも管轄外という事で弁護士への無料相談をすすめられ、こちらも異議申立てに該当しないとの事・・・

異議申し立ての まとめ

全く意味なし・・・

理由その2

判定の画像

特定受給資格は、かなり厳しい!

 

事業主及び被保険者・離職者の皆さまへ
特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準を下にリンクとして貼ってますが・・・

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000147318.pdf#search=’%E5%A4%B1%E6%A5%AD%E4%BF%9D%E9%99%BA+%E7%89%B9%E5%AE%9A%E5%8F%97%E7%B5%A6%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%80%85+%E6%9D%A1%E4%BB%B6′

簡単に説明すると・・・会社が倒産または解雇でないと該当しないよって内容です!

 

あと雇用保険上の項目を追加すると賃金の未払いが原因で退職でなければ該当しないって事なんです

 

あとは解雇されたけど自己都合扱いにされ、異議申立てによりハローワークが確認を取って立証出来た場合のみとなります・・・

雇われている側の立場は弱い!

落ち込む女性の画像

残念ながら雇用されている側の立場は弱く、異議申立書を提出しても・・・おおむね退職理由はくつがえらない事について書いてきました・・・

 色々と調べてみたものの離職理由はおおむね、くつがえらないし、雇用主に対するペナルティが少ない事もあり泣き寝入りの状況は変わりません・・・

 

 労働局労働基準監督署相談行くと・・・段階としては労働裁判の前に斡旋(あっせん)をすすめられますが、斡旋(あっせん)任意であり強制力はありません!

 

 また労働裁判に持ち込んだとしても、納得のいく判定が出るとはかぎりませんし・・・何にせよ、立証に向けてかなりの時間と労力を必要とします

雇い止めや辞めさせてくれない場合の対応は?

自分で、動くのは大変で お金が掛かっても誰かに任せたいのであれば上のリンクから退職代行を依頼する事は可能です!

自分で動く場合は退職願または退職届を作成し提出する必要があります!

退職を検討している方へのまとめ

  • 退職にあたっては再就職先が決まっていない場合、失業保険が支給されるまでの間の生活費を確保しておこう!
  • 再就職に向けて取り組む方が効率よい!後ろは振り返らないのが無難!
  • 別記事にも書いてますが再就職先を探すにはハローワーク以外も活用しましょう!
ブラック企業の見分け方ってあるの?
ブラック企業の見分け方ってあるの?について書いてます。
ハローワークだけでなく転職支援サービスを使うことで得られるメリットとは?
ブラック企業を避けるなら転職支援サービスをうまく活用しようについて書いてます!
ハローワークにはブラック企業の求人が多い?ハローワークの真実とは?
ハローワークにはブラック企業の求人が多い?ハローワークの真実とは?について書いてます

 

コメント