ハローワークだけでなく転職支援サービスを使うことで得られるメリットとは?

ハローワークだけでなく転職支援サービスを使うことで得られるメリットとは?

ハローワークの画像

ハローワークも良いけれど、ブラック企業も多数あり求人を出している記事を以前に書きました!

ハローワークにはブラック企業の求人が多い?ハローワークの真実とは?
ハローワークにはブラック企業の求人が多い?ハローワークの真実とは?について書いてます

 同じ就職するなら良い条件で働けれる職場の方を探すにあたり、転職サイト転職支援サービスへの登録は必要不可欠です!逆に登録していないのは、もったいないです・・・

 

なるべくなら在籍中に転職サイトや転職支援サービスに登録して進めていくのがベストですが・・・退職後にも登録は可能です!

転職サイトと転職支援サービスの違いって知ってる?

クエスチョンマークの男女の画像

  1. 転職サイトはWEBなどから自分の履歴書や職務経歴書を入力する事で公開され、求人を出そうとしている企業から見れる仕様となっているのが一般的で、釣りに例えると針にエサをつけて待つスタイルとなります
  2. 転職支援サービスは登録後に担当者がつき、相談しながら仕事を紹介してもらうスタイルになります

転職支援サービスの特徴

転職サイトの仕組みの画像

転職支援サービスはエージェントと呼ばれる担当者がつきます!

 

しかも登録にあたり料金はかかりません・・・転職支援サービスでは採用した会社から採用後に年収の20~30%ぐらいの紹介料を貰う仕組みですので、企業としてハローワーク以外に転職サイト転職支援サービスに登録しているという事は、より良い人材を求めているという事と・・・紹介する側のエージェントも紹介者を絞り次にも使って貰えるように考えているという事になります!

 

 転職にあたりエージェントと相談しながら進める事で自分の市場価値もわかってきますので、良い職場を探す手助けにもなります!

転職支援サービスへの登録のメリットは?

メリットの画像

 

  • 企業を紹介してもらえる
  • 履歴書・職務経歴書作成の支援
  • 企業ごとの面接対策
  • 給料アップの交渉
  • 好条件の非公開求人を紹介

 

転職エージェントを利用することで、転職経験が少ない方や、ちょっと自分の市場価値より上の企業でも転職を成功させることができる可能性がある事があげられます!

 

転職支援サービスのデメリットってあるの?

デメリットの画像

デメリットとしてあげると・・・採用されれば転職支援サービスの会社へ報酬が支払われる仕組みなので、担当するエージェントによっては的外れな企業でも就職の紹介を行う場合がある事があげらます!

まとめ①転職活動には転職支援サービスを複数登録することがベスト!

ハローワークには求人が多く使いやすいのですが・・・ブラック企業が多数、まぎれているので注意が必要です!

 

転職にあたりハローワークを利用するのであれば、転職支援サービスに複数登録することをおすすめします!

 

転職支援サービスを利用すると、そのエージェントのキャリア・アドバイサーに相談することができますのでハローワークから求人を紹介してもらったら、その場で応募するかどうかの判断は行わず、自宅に持ちかえって転職サイトのキャリアアドバイサーに相談してみましょう!

 

ハローワークは求人の紹介までを主な転職支援にしていて、それ以降の転職支援は、ほぼ皆無に近いです!

 

履歴書や職務経歴書の添削、面接調整などはすべて求職者自身が行い、内定後の条件交渉も自分で行うことになります。

 

条件交渉と言っても、ハローワークの求人の場合は特殊で交渉の余地がありません。

まとめ②複数登録する理由

転職支援サービスエージェントにも色々な方がおられますので、紹介された求人や職場について両方に尋ねてみたうえで評価が良い事業所であれば、ブラック企業を選ぶ率も減りますので2~3は登録しておいた方が良いと思います! 

また転職サイト転職支援サービスへの登録=すぐに転職をしないといけないわけではありません!

情報収集をする意味で登録しても問題ないです。

 

逆に転職をせかせるエージェントは注意が必要です!

介護職以外の転職を希望する方は、こちら!

福祉分野以外に転職をするには?何がオススメなの?
福祉分野以外に転職をするには?何がオススメなの?について書いてます

コメント